そのハイドロキノン化粧品、本当にメラニンを抑えてますか?

ハイドロキノン化粧品

数ある美白成分の中でも最強なのがハイドロキノンです。
シミの原因であるメラニンを抑制する効果がとても優れています。
ハイドロキノンは、同時に、増えてしまったメラニン色素を薄くする働きもあるため、できてしまったシミ対策もできる、まさに究極の美白成分です。

 

しかし、ハイドロキノンは酸素や光に弱く不安定な成分であること、また水溶性のハイドロキノンは油分で覆われた皮膚には浸透しにくいことから、効果を感じられない事も多いのです。


 

ハイドロキノン化粧品を選ぶポイントは?

浸透性で選ぶ

浸透性で選ぶ

どんなに良い成分でも、肌に浸透しなければ効果はありません。
特に、水溶性のハイドロキノンは皮膚の表面の皮脂にはじかれしまい、浸透しにくい性質を持っています。

 

メラニンのあるのは肌の奥。そこまで有効成分を届けるためには、この皮脂バリアを通り抜ける技術(浸透力)のある美白化粧品を選ぶことが必須です。

 

安定性・安全性で選ぶ

安全性・安定性

ハイドロキノンはシミの元であるメラノサイトにあるチロシンに直接働きかけ、その働きを抑制することから、現代の究極の美白成分と言われています。

 

しかし、ハイドロキノンはその効果が現れやすい反面、肌刺激になることも・・・。
また、光や酸素に弱い不安定という特徴から、2001年の薬事法改正までは、医師の処方箋が必要な成分でした。

 

ここ数年の研究により、化粧品に配合することが可能となりましたが、効果を実感するためにも安全性・安定性のすぐれたものを選ぶようにしましょう。

 

まずは「トライアルセット」・「返金保証」などをチェックする

お試しセットから

どんなに良い化粧品でも、全ての人に合うわけではありません。
あなたの肌に合うものを見つけることが美白を実感するために最重要と言っても過言ではありません。

 

お肌との相性を確かめるために、まずはトライアルセットから利用してみましょう。
使った後でもOKの返金保証があればさらに安心です。

徐きのポイントがそろった人気のハイドロキノン化粧品

ビーグレン
QuSomeホワイト トライアルセット
ビーグレン

 

肌に浸透しにくいハイドロキノンを独自テクノロジーで浸透させることに成功したのがビーグレンのコスメです。
1週間分のトライアルセットはローション、美容液、クリーム2種類のセット。
365日返金保証付きのお試しセットで実感してみましょう。

 

価格:1,944円(税込) 送料:無料

 

ビーグレン 【QuSomeホワイトトライアルセット】を詳しくg

アンプルール
ラグジュアリーホワイト HQトライアルキット
アンプルール

 

安定性を大幅に向上した「新安定型ハイドロキノン」を使用。
パッチテストやモニター調査でも高い安全性が確認されているのはドクターズコスメ【アンプルール】だからこそ。
トライアルはメイク落とし、洗顔料、化粧水、美容液、スポット美容液、クリーム、日焼け止めのセットでたっぷり試すことができます。

 

価格:1,890円(税込) 送料:無料

 

アンプルール 【ラグジュアリーホワイト HQトライアルキット】を詳しくr


 

ハイドロキノン化粧品は「安定性」が重要!

ハイドロキノンで美白肌

「美白化粧品をいくら使っても全然シミが薄くならない」と感じたことはありませんか?
美白化粧品と呼ばれる基礎化粧品の多くは、実は今あるシミには効果がありません。これからできるシミ、「シミの予備軍」に働きかけるのが美白化粧品です。
そして肌に沈着してしまったシミに働きかける成分がハイドロキノンです。
しかし、ハイドロキノンは酸化しやすく酸素や熱、光に対して不安定であり、また人によっては肌に刺激を感じるため、化粧品にハイドロキノンを混ぜるのは困難とされてきました。
また、ハイドロキノンは水溶性(水に溶ける)の成分であり、メラニンが定着してしまっている肌の深層まで届かなかったのですが、化粧品メーカーの研究により、最近では安定性が高く、刺激性の少ない、そして浸透力の高いハイドロキノンクリームが誕生しています。
通販などで化粧品を購入する場合、「美白」「ハイドロキノン」といった言葉だけに惑わされてしまいがちですが、肌の実感はこのようなところから大きく差が生まれます。
ハイドロキノンクリームは顔全体に塗るのではなく、気になる部分にスポット使いします。
それと同時にシミ予備軍を予防するよう心がけましょう。
今あるシミにはハイドロキノン、そしてシミ予備軍にはビタミンC誘導体、この2つが美白の最強コンビ。
コスメをライン使いする場合には安定性のあるハイドロキノンのクリームと共に、ビタミンC誘導体入の化粧水などを使うことがおすすめです。
また、いくら低刺激のものでも人によっては過敏に反応してしまう場合があります。初めての基礎化粧品を扱う場合は、基本的にトライアルセットやお試しサイズのものなどから使ってみてご自分の肌に合うかどうかを確認してみるようにしましょう。

 


更新履歴